20代でプラセンタを始める意味は?効果はどのくらい?

   

私は20代でプラセンタを始めたかった!

アンチエイジングや更年期障害緩和などの強い味方プラセンタ。

中高年の女性が使うイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、30代後半からプラセンタを使い始めた私は「20代から始めれば良かった!」と思っています。

ここではその理由をお話ししていきます。

プラセンタは中高年が使うものと思われがち

化粧品やシャンプーなどの中には、使用対象年齢が想定されているものがあり、大抵の場合、自分の年齢に合ったものを買いますよね。

プラセンタも「アンチエイジング効果が高い」ことから、中高年の女性が使うものと思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、関節痛や白髪対策に良いと言われても20代ではピンとこないと思います。

肌や髪のためと言われてもまだまだピカピカだし…と プラセンタを使うメリットを感じられないかもしれません。

私の体験談!20代でプラセンタに出合えていれば…

20代といえば遊びたい盛りと思うのは私だけでしょうか(笑)

私は、20代の時は仕事も遊びも楽しくて、ほとんど寝なくても平気と毎日遊んで食生活も乱れ、気がつけばお肌もボロボロ、生理不順になってしまいました。

皮膚科や婦人科にも通ったのですがなかなか治らず、今考えるとホルモンバランスがかなり乱れていたのだと思います。

プラセンタはホルモンバランスや自律神経の調整、細胞の活性化が期待できるので、 この時に出合えていれば悩むことなく改善されていたかもしれません。

ほかにも20代がプラセンタを使うメリットはたくさん

「老化」にはまだ程遠い20代、新陳代謝も活発なので30代以上よりもプラセンタの効果は感じにくいかもしれません。

ただ私のように、 ホルモンバランスが乱れてしまったり、 早めの更年期障害の症状が出てしまった場合にはプラセンタを使えば、20代でも症状の緩和を感じられる人が多いのではないかと思います。

また、 もし将来のためにと高級化粧品を使っている20代の女性がいたら、その代わりにプラセンタの使用をしてみてはいかがでしょうか。

化粧品は外側からのエイジングケアですが、プラセンタサプリやドリンクなどは内側からのケアになるので、 肌だけではなく全身のエイジングケアになると思います!

まとめ

私は30代でプラセンタに出合いましたが、もっと早く20代から使いたかったと思っています。

プラセンタ自体が対象年齢のあるものではないので、20代からプラセンタを使うデメリットは特にないと思われます。

今のキレイのためや将来の自分への投資としてプラセンタを始めてみてはいかがでしょうか。

30代後半で始めた私でさえ、たくさんのプラセンタの恩恵を感じているので、20代で始めれば、きっと10年後20年後に違いが出るのではないでしょうか。

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。